WEB会社案内

若手社員が語るみらい会計

このページでは、みらい会計の若手社員である山田渓(監査一課)、井村克樹(監査三課)の二人が、「若手社員が語るみらい会計」と題して、みらい会計とはどんな会社なのか?、どんなメンバーが働いているのか?についてざっくばらんに語ります。

メイン1

    (左)井村克樹 監査三課所属    (右)山田渓 監査一課所属

Q.まず就職先としてみらい会計を選んだ理由を教えてください

井村)「お客様本位で考える税理士になりたい」という目標がありまして、求人広告で探していたら、みらい会計のホームページを見つけまして。書いてある内容に共感する部分が多かったので就職しました。

山田)いろいろなサービスを中小企業の皆さまに提供したいと前々から思っていました。経営者の皆さまは経営をしていて様々な悩み事が出てくると思います。その悩み事を一緒に解決できるような税理士になりたいと思っていまして。みらい会計ならその志望動機が実現できるんじゃないかと。

 

Q.実際に入社してみて、みらい会計の印象はどうですか?

井村たて井村)スタッフみな優しい人が多いと思います。上司は段階を踏んで仕事の難易度を上げてくれるので、スキルも着実に上がっていきます。上司と同行することが多いのですが、お会いする経営者の方がみなさん「笑顔」なんですね。笑顔が自然と出るというのは、信頼を得ている証拠じゃないかと、私個人もこのような会計人になりたいと目標にしています。

 

 

山田

山田)「お客様のためにできること」をじっくりと考えられる職場だと思います。また、みらい会計は仕事とプライベートをしっかり分けられる職場です。もちろん、勤務時間中は集中してお客様のことを考えて仕事に全力投球しています。ただ、仕事に追い立てられているわけでは決してないので、いろいろなことを考えられるのはとても良いと思います。

 

 

 

Q.お客様と接していて心掛けている点を教えてください

山田)とにかく、お客様のお話をしっかりと聞く姿勢を常に頭においています。基本的なことですが、私はコミュニケーションを重要視しています。あるお客様が口数の少ない方で、最初はあまり話さなかったんです。ですが、足繁く通ううちに、だんだん打ち解けてくださって、お食事に誘っていただけるようになりました。最近では、一番感激したことです。

井村)お客様の会社にお伺いする際には、「笑顔」を忘れないようにしています。私自身が飲食業出身だということもありますが、やはり笑顔は大切じゃないかと思います。あと、やはり経営者の皆さまは、毎日真剣に会社経営に向き合ってらっしゃいます。尊敬する姿勢を持つと同時に、私自身も身を引き締めないとと感じています。

 

Q.増田代表はどのような人ですか?

井村山田)代表と一緒に行動する機会が多いのですが、とても教育熱心な方だなと思いました。また、アクティブな一面もありまして。毎日、体を鍛えるためにスーツの下に鉄のバンドを付けているのは驚きました(笑)歩くスピードも私より速いし。

井村)人として、そして税理士として非常にしっかりした方だなと思います。仕事面だけでなく人格面でも尊敬しています。

 

 

Q.中小企業の経営者と接していて何を感じますか?

中抜き

井村)やはり、社長様方はみなさん、毎日が真剣勝負なんだと思います。その思いがひしひしと伝わってきまして。尊敬する社長さんも多いですし。こちらも会計人として襟を正さなくてはと常に感じています。

山田)社員の生活を支えているのはもちろんですが、社員の家族の生活も掛かっています。経営者という職業は精神力が強くなくては務まらないと思います。尊敬もしていますし、私も真摯な姿勢でお客様と接していきたいと思っています。

 

 Q.最後に、ご自身のセールスポイントをお願いします

山田)会計人として当然のことですが、仕事の丁寧さには自信を持っています。この姿勢をどんな時にも貫いていきたいと考えています。あと、すべてのお客様と深いコミュニケーションをとっていきたいと思います。お客様と信頼し合えるような会計人になりたいです。

井村)先ほどもお話ししましたが、もともとは飲食業出身でして、店長も任されていました。マナーやお客様との接し方を一から鍛えてきました。ですので、お客様には常に礼儀正しく、誠実に接していきたいと考えています。

メイン2

ページの先頭へ戻る
CopyRight(c) 2013 みらい会計税理士法人 Allrights Reserved